top of page

敏感な方にレメディを投与する方法

〜いつでも解決方法はあるもの〜

レメディを投与する代替の方法について


keywords : how to apply homeoapthic remedies, administration of remedies, homeopathy for sensitive people, healing crisis, aggravations、plussing method, レメディの投与方法、LMポテンシー、好転反応を避ける、敏感な方に投与する方法、レメディに敏感な人、過敏に感じやすい人、一時的悪化、好転反応、プラッシング法

 

時々、「レメディを内服する以外の使用方法はありますか?」という質問を受けることがあります。アルコールが使えない理由があったり、とても敏感で、レメディを服用するのが心配な方だったり。

ホメオパシーのレメディは、内服する以外にも、さまざまな使用方法があります。


今回のブログでは、内服する以外の、レメディの利用方法について、ご紹介いたします。



#1 - Inhalation(吸入)


レメディを液体に調整し、スプレーボトルに入れ、自分の周りに噴射して、その空気を吸い込む方法です。アルコールが服用できない方、砂糖玉や錠剤などの糖分を避けたい方、敏感な方にはこの方法が簡便で使いやすいでしょう。

ただ、周りの人も吸い込むことがあるので、周りを確認してから使いましょう。

逆に、空間のエネルギーを変えたい時には、レメディを入れたスプレーを活用するのもいいでしょう。

ホメオパシー薬局にスプレー式のレメディを注文することができます。


#2 - Olfaction(嗅覚作用)


レメディを服用する代わりに、嗅ぐ方法です。ボトルを開け、レメディを嗅ぐことで、そのエネルギーを体に入れる方法です。液体の方がより使いやすいでしょう。


普通のポテンシーだけでなく、LMのレメディ(下記参照)を嗅ぐ方法もあります。



#3 - Breast Milk(母乳)


赤ちゃんにレメディをあげるのが難しい時、お母さんにレメディを服用してもらい、母乳から赤ちゃんにレメディのエネルギーを渡す方法があります。

レメディの力が、お母さんの母乳、または乳母の乳を通して、赤ちゃんへと行き渡らせる方法がとても有用です。

特に生まれたばかりで小さい赤ちゃんへの投与に便利です。



#4 - Skin(経皮)


皮膚にレメディを塗布する方法です。液体のレメディを使って皮膚につけたり、ホメオパシーのレメディを混合したクリームも販売されています。

ただし、痛みや皮膚の炎症のある場所は避けて使った方がいいでしょう。



#5 - Put in a bath(お風呂に浸かる)


皮膚と関連して、ホメオパシーのレメディを湯船に入れて、浸かる方法もあります。

しかし、敏感な方は、避けたほうがいいとの記載もあります。体全体がレメディに一定自k時間浸かることで、思った以上の反応が出ることもあるようです。



#6 - Hold a remedy in your hand(レメディを手に持つ)


レメディボトルをしばらく手に持って、そこから感じるエネルギーを共有する方法です。

どのくらいの時間持っておいたらいいのかは、人それぞれ感じ方に差があるので、自分の感覚を信じて使うといいでしょう。



#7 - Leave it in the room(部屋に置く)


部屋の中にレメディを置いておいて、その空間でエネルギーを共有する方法です。

寝る時にベッドのそばに置いておくなどの方法もありますし、レメディを目の前に置いて、静かに瞑想して、そのエネルギーを感じることに集中するなどの方法があります。

どのくらいの時間行ったらいいのかは、人それぞれ感じ方に差があるので、自分の感覚を信じて使うといいでしょう。



#8 - LM potency(LMポテンシー)


ヒーリングの段階の一部として、レメディを服用し始めると「症状の一時的悪化『好転反応)」がみられることがあります。レメディに敏感な方や、レメディ服用後の反応が過剰に出そうなケースには、このLMポテンシーを使うことがあります。


LMポテンシーは5万分の1に薄めた段階を繰り返したもの。ポテンシーの扱いについては、普通のレメディと違って使い方が少し複雑で、ポテンシーを変えるタイミング、どのくらいのペースで使うかは個人の症状によって差があります。


このポテンシーの使い方については、ホメオパスのアドバイスの下に使用することをお勧めします。


#9 - Plussing method


さまざまなバリエーションがあるようですが、処方されたレメディを水に入れ、スプーン1杯その液体を服用する方法。服用する前に、スプーンで液体をかき混ぜます。

毎回かき混ぜるため、徐々にポテンシーや波動が少しずつ変化していくというもの。

この方法で、一時的悪化を避けながらも、力は徐々に強まって効果を期待するというもの。

ここに、Dr. Ramakrishnan's Plussing Methodの方法を例として挙げておきます。


Dr. Ramakrishnan's Plussing Method
  1. スプーン11杯の湧水に、3粒のレメディを入れます

  2. 上記に作った、レメディ水をスプーン1杯ずつ、15分おきに服用します。

  3. 1杯飲むたびに、スプーンで残りの液体をかき混ぜる、またはボトルであれば、1度振り混ぜます。

  4. これを2時間半かけて飲み終え、最後のスプーン1杯は次の日の分の取り置きます。

  5. 次の日は、前日の残りのスプーン1杯を、スプーン10杯の湧水に入れ、前日と同様の過程を繰り返します。

  6. レメディの処方の変更があれば、また新たに上記の過程を繰り返します。


ホメオパスによって多少違いがあるので、処方したホメオパスの指示に従って服用してください。



#10 - 最後に...


上記に示したように、レメディの使用については、様々な方法があります。ホメオパシー薬局に、スプレーや液体など、使いやすい剤形を注文するといいでしょう。


The secret is:

ホメオパシーのレメディの使い方はいろいろあります。「敏感だから、レメディを使うのが心配」という方も、上記の方法を使ってみてください。

いつでも解決方法はあるもの。

敏感さを長所に変えて、レメディそれぞれの持つ、エネルギーを実感し、体の反応、癒しの力を体感してみてください。


さらに、ホメオパシーのポテンシーと投与量について知りたい方は、こちらのホメオパシーのレメディのポテンシーと投与量についてブログをご覧ください。



急性症状と、慢性症状の処方の仕方の違いについては、こちらのブログをご覧ください。




その他のブログはこちらから。




Hiroko Homeopathyでは、個々の状態に合わせた、トリートメントを提供しています。それぞれのセラピーについてはこちらからどうぞ。



コンサルテーションをご希望の方はこちらからご予約ください。



Love and graititude

Hiroko


Reference :

  • O'Reilly.W.B. (1996). Organon of the Medical Art by Dr. Sammuel Hahnemann. Birdcage Books. Palo Alto, California

  • Ramakrishnan. A.U. and Coulter. C. (2001). A Homeopathic Approach To Cancer. Ninth House Publishing. Berkeley Springs, West Virginia




最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page