Search

更年期とホメオパシー

〜転機をスムーズに過ごしていくためのコツ〜



女性ホルモンのバランスを整えるため、また、更年期においては、ホメオパシーがよく使われる分野の一つです。

「イライラ」「動悸」「のぼせ」「ほてり」「めまい」「不眠」など、出てくる症状は、多岐に渡り、個人差が大きいのも特徴の一つ。


更年期は動物には少なく、人間独特のものと言われています。人間という歴史が始まって以来、どの女性も歳を重ね、その時期が来ると誰でもが経験しているはずなのに、まるで病気であるかのように、深刻に取り扱われている現代。


なぜにもこんなに悩む女性が多いのでしょう?



1. 「更年期」の捉え方


「更年期」において不安を抱えている女性は多く、半数以上の女性が、更年期を迎えることに「落胆」すると言うデータも出ています。

「子供を産む機能が衰え、女性としての価値を感じられなくなる」など、「歳をとり、老いていく」印象が強く、「もう若くない」という印籠を渡されたような「喪失感」に悩まされる女性が多いと言われています。


本当に失うことばかりなのでしょうか?



新しい見解


今まで、女性は「卵を一定の数を抱え、毎月月経が来るたびに排卵する。そして持ってきた卵を成熟させてくるため、歳をとると、卵の質が衰え、またなくなっていく」ということが言われてきました。


しかし、同じように「更年期」を持つ、哺乳類動物のシャチの研究で、どうも「そうでもないらしい」ことがわかってきたそうです。


その研究によると、「どうやら、卵は作り続けているようで、時期が来たら、それがストップするようになっている」のだそう。


ある一定の時期に来たら、「更年期」がやってきて、若い世代の面倒を見ていくようにすることが、その種において、子孫を維持していくために、「最善」の方法であるようだ、との見解も出てきています。


人間の体は、神秘的で、未知な部分が、まだまだたくさんあるもので、今後の研究に注目したいところです。



「自由」の獲得


また、「歳をとる」ことに対する不安は、「男性から見た考え方」であるとの見方もあります。どこの文化でも「男性主導」の状態が長く続いたところは多いもの。


この女性を「子供を産む」という、「子孫繁栄」における、「物理的な存在」だけに焦点を当てる考え方に、否定的な意見もあります。女性が「若い」「生殖機能を持つ」ことだけに価値を見出す考え方です。

また、宗教によっては、月経のある期間は「汚れている」と見做し、家族から距離を置くように扱われていることも。